<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
米國の新疆報告書は偽善と覇権という米國の本質を露呈
  ·   2021-07-15  ·  ソース:人民網
タグ: 米國;新疆;政治
印刷

外交部(外務?。─乌w立堅報道官は14日の定例記者會見で、「米側は新疆に関する報告書を立て続けに発表し、使い古された噓ばかりを繰り返しており、噓を繰り返すたびに、人権問題における偽善と覇権という本質を露呈している」と述べた。

【記者】米國務省は13日の聲明で、中國政府が新疆で行っている「ジェノサイド、人道に対する罪、強制労働」への対応として、國務省、財務省、商務省、國土安全保障省、通商代表部、労働省が新疆のサプライチェーンに関するビジネス勧告を更新したことを明らかにした。これについて中國側としてコメントは。

【趙報道官】「ジェノサイド」、「人道に対する罪」、「強制労働」について言うなら、なぜ米國はこうした根も葉もない罪をでっち上げて他國に著せる時に、いつも手慣れているように見えるのだろうか。答えは簡単だ。こうした悪行はそもそも米國の原罪であるからだ。

米國は西部開拓において先住民を殺戮し、追い払った。このため、かつて北米人口の主體であった先住民は、今や米國人口の2%を占めるのみとなった。これがジェノサイドでなければ何なのか?米國には數百年間にわたり黒人奴隷を売買、虐待、差別してきた歴史がある。100年前にもタルサ市でアフリカ系住民に対する大虐殺が行われた。これがジェノサイドでなければ何なのか?米國では約50萬人の児童労働者が農作業に従事しており、多くの児童が8歳から働き始め、週72時間も働いており、児童労働者死亡事件が度々発生している。これが強制労働でなければ何なのか?外國から毎年數萬人が米國の「搾取工場」へ売られ、少なくとも50萬人が現代の奴隷的酷使を受けている。これが強制労働でなければ何なのか?

どれほど多くの力を費やして新疆に関する噓を捏造しようとも、「新疆を利用して中國を抑えつける」という悪意ある企みは失敗するだけであることを、米側は認識すべきだ。人類の正義と良識を前にして、事実と真相を前にして、責任転嫁と視線をそらさせる企ては行き詰まる。自省し、瀬戸際で踏みとどまり、自らの問題をしっかりと直視し、解決することこそが米國の歩むべき正しい道だ。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年7月15日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: