<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
報道の自由を名目に國家の安全に危害を加えるべきではない
  ·   2021-07-13  ·  ソース:人民網
タグ: 米國;メディア;政治
印刷

米國務省は現地時間10日、香港紙?蘋果日報(リンゴ日報)に関する聲明をウェブサイト上で発表した。聲明は「報道の自由連合」の名で出されたが、このうち署名したのは半數足らずの21ヶ國だ。聲明のいわゆる「強い懸念」の対象は、「黒衣の暴徒」の行為を煽動した象徴的刊行物で、すでに先月自ら??驔Qめた。この聲明の本質が、道徳的に守るべき一線を顧みず、善悪を混同し、概念をすり替え、「報道の自由」の名を盜用して公道や正義に盾突くことであることは、良識ある人なら見て取れるはずだ。(人民日報「鐘聲」國際論評)

デマをでっちあげることに長けているリンゴ日報は、最終的に窮地に陥った。これは必然的な結末だ。香港メディアが最近列挙したリンゴ日報の「百のデマ」を見てみよう。捏造への出資、「全裸寫真」の合成、資料入手のための贈賄、著名人への誹謗、暴力の煽動。創刊されてから26年間にリンゴ日報は數えきれないほど多くのケースで違法判決を下され、斷罪されており、とうに歴史に汚名を殘している。公道は自ずと人心に在り。リンゴ日報の??险蚊瞍扦悉胜?、市場の選択であり、香港地區の大多數の民衆の願いを物語っている。

文明社會におけるいかなる自由や権利も、無制限の恣意的な行動を取ることであってはならず、公衆の意志を體現する法律によって規範化され、保障されるものであるべきだ。報道の自由と扇動罪行為との間には厳格な法治の境界線がある?!笀蟮坤巫杂蛇B合」の參加國は、自國の法律は報道の自由が國家の安全に危害を加え、社會秩序を破壊し、國家機密を漏洩し、宗教?民族対立を煽動することを許容できるのかと、自問すべきだ。當然、どの國でも許容できない。多くの國には報道の自由に対して明確な法的規定がある。例えば、フランスの「報道の自由法」は多くの事後的罰則を詳しく定め、メディアによる教唆、誹謗、公共秩序妨害行為を罰している。同様の理屈で、2年前に反中?香港攪亂分子が香港地區でいわゆる「言論の自由」の名の下に「法律に違反してでも自分の中の正義を実現する」ことを鼓吹し、若い學生たちを違法な暴力に參加するよう扇動したことは、當然法治の放任できないものだ。

香港地區國家安全維持法施行後の香港社會の混亂から安定への転換が、正常な報道活動にとって、よりプラスであることに目を向けるべきだ。1年余りで、米英両國のメディア各社は香港地區への派遣社員を増員しており、香港地區駐在の外國メディア記者數は大幅な増加傾向にある。西側メディアのこうした自主的かつ自由な配置を、「報道の自由連合」の聲明に署名した者達はどう解釈するのか?

一部の西側國の者達がリンゴ日報の問題で回りくどく言いがかりをつけ、幻影をつくり出しているが、いずれも「報道の自由」の名を盜用することで、悪人を助けて悪事を働き、故意に是非を転倒するものに過ぎない。このような行動は止めるべきだ。事実を前にして、最後には幻影は暴かれる。これは誰にも変えられない揺るぎなき法則だ。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年7月12日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: