<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
第2の百年奮闘目標への邁進の行動指針
  ·   2020-11-05  ·  ソース:人民網
タグ: 五カ年計畫;小康社會;政治
印刷

新華社は3日、中國共産黨第19期中央委員會第5回全體會議(五中全會)で採択された『國民経済?社會発展第14次五カ年計畫と2035年までの長期目標の策定に関する中共中央の提議』を権限を與えられて発表した。新華社が伝えた。

15の部分、60條、約2萬字からなり、習近平総書記が自ら策定を指導した『提議』は、社會主義現代化國家の全面的建設の新たな征途を開き、第2の百年奮闘目標へ向けて邁進するうえでの綱領的文書であり、今後5年間、さらに長い期間における中國の経済?社會発展の行動指針だ。

■1つの新奮闘目標:社會主義現代化國家の全面的建設

小康社會(ややゆとりのある社會)の全面的な完成後、第14次五カ年計畫は社會主義現代化國家の全面的建設という中國の新たな征途を開き、第2の百年奮闘目標に向けた進軍ラッパを吹き鳴らす。

この戦略設定の具體的実行措置として、『提議』は9分野で具體的な描寫をすることによって、2035年までに社會主義現代化を基本的に実現するという素晴らしい絵巻を描き出した。中央財経委員會弁公室の韓文秀副主任は「『提議』は第14次五カ年計畫期間の発展を重點とすると同時に、2035年までの長期目標についてビジョンを示した。これは前進の方向性を明確にし、社會的コンセンサスを形成し、短期?中期?長期発展目標をつなげ、調和させ、統一し、戦略的整合性を高めるうえでプラスだ」と語る。

■2つの重大事を統合的に計畫:発展と安全

一方には中華民族の偉大な復興という戦略的大局、もう一方には過去百年間なかった世界情勢の大変動。歴史の関所に立つ中國は次の道程をどのようにしてうまく歩めばいいのだろうか?!禾嶙h』を貫く1つの重要思想がその答えの手掛かりとなる。つまり「発展と安全という2つの重大事をしっかりと統合的に計畫し、自らの事をしっかりと行うことに力を集中する。安全は発展の前提であり、発展は安全を保障する」ということだ。中國國際経済交流センター學術委員會の王軍委員は「現在世界は過去百年間なかった大きな情勢変動の最中にある。中國は発展の不均衡?不十分という問題が依然として突出している。憂患意識を高め、守るべき一線の思考を堅持し、難點と複雑性を十分に推量し、様々なリスクを深く考え、不備な點を補い、弱い面を強化することに注意する必要がある」と指摘する。

■3つの「新」が全文を貫く:新たな発展段階、新たな発展理念、新たな発展構造

『提議』を入念に読むと、「新たな発展段階、新たな発展理念、新たな発展構造」という主軸が全文を貫いていることに気づく。韓氏は「この3つの『新』は『提議』の核心的意義を體現している。新たな発展段階に適応するには、新たな発展理念による導きが不可欠であり、新たな発展段階に適応した新たな発展構造を構築する必要がある」と強調する。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: