<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
廈門の海洋環境を守る紅樹林
本誌記者?金知暁  ·   2021-06-28  ·  ソース:北京週報
タグ: 海洋;廈門;社會
印刷

海水と淡水が混ざり合う汽水域に生育する濕地植物の紅樹林は波による浸食防止や護岸保護、炭素固定、海水浄化だけでなく、生物多様性の維持に役立っており、生態や科學研究、科學普及?教育、観光面での価値も兼ね備えている。臨海都市である福建省廈門(アモイ)市は1997年から紅樹林の科學研究と品種導入?育種を始めた。それと同時に海岸の総合管理を強化し、養殖地の撤去と人工繁殖?放流を絶えず推し進め、禁漁制度を実施し、違法操業を取り締まり、海洋ゴミの情報化回収などを展開している?,F在、廈門の紅樹林生態濕地システムは回復を遂げ、一帯の海ではますます本來の美しさが見られるようになっている。(寫真=本誌金知暁記者)

廈門下潭尾濱海濕地紅樹林生態公園に広がる紅樹林

廈門下潭尾濱海濕地紅樹林生態公園で工事中の紅樹林第2期プロジェクト

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: