<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
福建省廈門市近海で中華白イルカと出會う
本誌記者?金知暁  ·   2021-06-25  ·  ソース:北京週報
タグ: 生物多様性;廈門;社會
印刷

イルカ類の中には體色がピンクや白の珍しい種が存在する。それが「海のパンダ」と稱される稀少な生き物である中華白イルカだ。中華白イルカは海水と淡水が混ざり合う汽水域を好み、福建省廈門(アモイ)市近海は中國における主な生息地の一つとなっている。その生息地は人間の活動エリアと非常に重なっているが、廈門は30年近くにわたって海洋生態環境ガバナンスや生物多様性保護を行ってきたことから、廈門近海に生息する中華白イルカの個體群數は比較的安定し、徐々に増加しており、毎年のように新たに生まれたイルカの赤ちゃんを観測できるという。

廈門中華白イルカ救護繁殖センターがある火焼嶼の様子?;馃啂Zは島中で見られる火で焼かれたような色の石が名前の由來で、一帯には木麻黃(モクマオウ)の木が生えている。(寫真=本誌金知暁記者)

火焼嶼に作られた人工湖の鯨豚湖。浜辺に打ち上げられたイルカや怪我をしたイルカを発見したらここで一時保護し、治療後に海へ返す。(寫真=本誌金知暁記者)

1234次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: