<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
日本人記者の中國製新型コロナワクチン體験記 打ってみた感想は?
本誌記者?植野友和  ·   2021-04-21  ·  ソース:北京週報
タグ: ワクチン;新型コロナ;社會
印刷

北京経済技術開発區の新型コロナワクチン接種ポイントで、外國人とスタッフのコミュニケーションの手助けをする翻訳ボランティア(寫真=新華社提供)

現在、世界各國で新型コロナワクチンの接種が進められている。國ごとにワクチン確保や接種の進捗狀況はさまざまだが、自分が暮らす中國は國産ワクチンの開発に成功し、政府や衛生部門などの積極的な取り組みが功を奏している。國家衛生健康委員會によれば、4月18日までに累積接種數が1億9000萬回を超えたという。そのようなニュースを日々目にしながら、いずれ自分の番も回ってくるのだろうかと思っていたところ、この度ついにお呼びの聲がかかった。ただし強制ではなく、あくまで希望者のみの接種である。

正直言うと、接種しようかどうか少し迷った。理由は副作用を心配しているわけでも何でもなく、単純に今の北京生活で感染リスクを感じることがないからだ。感染経路不明の患者が1日に數千人、數萬人と発生している國があるなか、市中感染をほぼ完全に抑え込んでいる。それでも接種することに決めたのは、新型コロナウイルス感染癥は気の緩みが大敵であるからだ。

いずれ國家間の人の移動が元通りになった時、再びウイルスが入ってくる可能性は否定できない。また、変異種の問題もある。狀況が落ち著いている今のうちにワクチン接種率を高めておくべきであり、公共の場でのマスク著用や手洗いの習慣も続けていくのが好ましい。これこそ中國が推し進める感染癥対策の常態化であり、自分もこの地で暮らす者として、今は必要性を感じなくてもやはり接種に參加すべきと考えたのだ。

接種を予約して指定されたクリニックに著くと、そこには醫療スタッフとともに英語が堪能な案內員が待機していた。院內ではまずワクチンに関する説明を受け、そののちに同意書にサインをする。當日の接種希望者はすべてリスト化されていて、手続きはとてもスムーズだった。ほとんど待たされることなく醫師の元へと案內され、そこで接種を受けた。もちろんワクチンは國産で、科興控股生物技術(シノバック?バイオテック)のものである。

接種自體は、一瞬で終わった。痛みもなければ、インフルエンザワクチンのように注射した部分が腫れて熱っぽく感じることもない。接種後、異常がないか確かめるために待合室で30分間待機し、案內員の人から「2回目の接種をするので21日後にまた來てください」と言われ、クリニックを後にした。

日本人にとって気になるのは、中國製ワクチンの効果だろう。そのことに関しては、自分は醫學の専門家ではなく、何しろつい先日打ったばかりなので確たることは言えない。また、そもそもワクチンとは予防のためのものであり、市中感染リスクがほぼ存在しない以上、効果を確認する術もない。もっとも、それが好ましい狀況であることは間違いない。ワクチンは新型コロナ対策の切り札と言われて久しいが、中國ではその切り札が登場する以前に、すでに抑え込みに成功しているのだ。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: