<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
世界の「緑化成長」に中國が大きく貢獻
  ·   2020-10-29  ·  ソース:人民網
タグ: 緑化;環境;社會
印刷
資料寫真、広州のスマート?スポーツ公園。

過去18年の間に、中國で新たに増えた都市の面積は、世界で新たに増えた都市の総面積の47.5%を占めるなど、中國はこの分野において世界の先頭に立っている。その他、世界の大都市で緑化が顕著な地域のうち、32%が中國の都市となっており、直接受益者は1億800萬人に達している。中國科學院深セン先進技術研究院(以下、深セン先進院)が26日に発表した情報によると、學術雑誌「ネイチャー コミュニケーションズ」のオンライン版に最近、同院の環境気象チームが香港大學、國家スーパーコンピューティング深センセンターと共同で行った最新の研究成果が掲載された。中國新聞社が報じた。

研究チームは、米國の可視?赤外域の放射計MODISの土地被覆500m解像度データを利用し、2001年から2018年までの、世界の全ての都市建設區と表記されている場所のデータを抽出。その研究結果によると、過去18年の間に、中國で新たに増えた都市の面積は、世界で新たに増えた都市の総面積の47.5%を占め、トップ。2位は米國であるものの、その割合は9%にとどまっている。その他、中國の都市拡張ペースは高所得國の3倍以上となっている。

國連の統計によると、米國は1950年に都市化率が64.2%に達したのに対して、中國は2020年にようやく61.4%に達した。深セン先進院デジタル所高性能センターの孫立群博士は、「つまり、近年、中國の都市化は急速に進んでいるものの、依然として発展の大きな余地がある」との見方を示す。

その他、中國の都市拡張ペースは速いものの、緑化建設も並行して進められている。

研究者が世界の面積100平方キロ以上の大都市841都市の年間最大緑化動向を計算したところ、世界の大都市で緑化が進められている地域のうち、32%が中國の都市で、トップの割合となっている。つまり、世界の「緑化成長」に最も貢獻していることになる。

同研究成果によると、都市の緑化インフラ増加により、中國の都市に住む1億800萬人が直接的な益を受けている。世界で益を受けている人の56.2%を占め、その割合もトップだ。

孫博士は、「珠江デルタの都市群を例にすると、同地域の都市で緑化が顕著なエリアの総面積は2400平方キロ。少なくとも1748萬人が益を受けている。緑化面積を見ても、受益者の數を見ても、世界の大都市841都市、大都市群においてトップに立っている」とした。(編集KN)

「人民網日本語版」2020年10月28日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: