<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
101歳の日本人が見た共産黨の百年
  ·   2021-06-24  ·  ソース:人民中國
タグ: 中國共産黨;歴史;中日交流
印刷

「人の出會いには、その人の人生を変えるような出會いがある。私は戦後、労働運動に入り、活動していた?!好珱g東選集』に出會ったのは1952年のことである。技術専門であった私にとって、それまで知らなかった世界がそこにあった。私はひたすらに読み、學び、そして私は変わっていった」。これは『人民中國』88年6月號に掲載されたある日本の友人の感想である。作者は神宮寺敬さん。神宮寺さんは、『人民中國』の古くからの読者であり、友人でもある。今年で御年101歳になるこの友人は、中國共産黨とほとんど同年齢でもあり、しかもかつては共産黨の軍隊を敵とする日本軍人だった。敗戦後、日本に帰國して労働運動に參加する中で、『毛沢東選集』と出會い、自ら會社を経営するようになってからは、娘を中國留學にも送った。この101歳の友人と中國共産黨との物語を伺うために、東京支局の記者は山梨にある神宮寺さんの家を訪れた。

『人民中國』1988年6月號 創刊35周年を記念した神宮寺さんからの寄稿

敵は中國共産黨の部隊だった

神宮寺さん宅の外には、自ら世話をしている小さな水田が広がり、初夏の日差しの下で苗が力強く育っていた?!杆饯郡沥长伽毪驻?、全て自分で育てたものなんですよ。自力更生、{かんく}艱苦奮闘の共産黨の精神です」。取材を始める前に、神宮寺さんは誇らしげに語った。次女の伸子さんが隣で、「私たちの家には、労働は光栄であるという気風があって、農作業はずっと続けています。毎年、田植えと収獲の時期になると、目の前の仕事はいったん橫に置いて、家に帰って家族みんなで農作業をするんです」と言葉を添えた。

労働を重視する精神は『毛沢東選集』からの影響でもあり、また若い頃に神宮寺さんが參加した労働運動の経験にも起因している。45年、日本が敗戦し、第2次世界大戦は終結した。日本國內では労働運動がにわかに盛り上がり、かつて軍人だった神宮寺さんも帰國後は労働組合の責任者として、運動に身を投じた。それが、神宮寺さんが『資本論』『毛沢東選集』などの大著を読み深めていくきっかけとなった?!竸簝P運動をしっかりと行うために、本を読むだけでなく、ラジオでモスクワ放送や、北京放送も聞きました」と神宮寺さんは若き日に労働者の生活の権利を守るために行った運動の経験を思い出しながら、笑顔で語った?!杆饯喜筷牑扦贤ㄐ疟坤盲郡韦?、當時の政府に禁止されていたこうしたラジオ放送も、無線技術を使って聞くことができました」

『毛沢東選集』との出會いについて語る神宮寺さん

ラジオを通じて、神宮寺さんは毛沢東の名前を知った?!?2年、三一書房が『毛沢東選集』を出版し、新聞に社長のインタビュー記事が掲載されていました。社長は毛沢東についてとても詳しかったのでしょう。インタビューでは、毛沢東の革命の生涯について紹介していました。私はラジオで毛沢東の功績については知っていましたが、記事を読んでからは毛沢東の著作にも興味を持ちました」。この好奇心が、神宮寺さんが『毛沢東選集』をひもといていくきっかけとなった。

「『毛沢東選集』を読み終わり、特に軍事思想に深い感銘を受けました。毛沢東は文章の中で、日本軍をこぶしに例えていました。強く握られたこぶしが激しく振り下ろされたとき(まとまって攻撃を仕掛けてきたとき)、中國軍は分散して攻撃をかわすように指令し、日本軍が握ったこぶしを解いたとき(ばらばらに攻撃を仕掛けてきたとき)、中國軍は再び兵力を集中して日本軍を攻める。そうすれば、勝利することができると説いていました。読み終わって大変深く感銘を受けました」。深く印象に殘った文章について、神宮寺さんは今でもよどみなくその內容について語ることができる。

記録に基づいて自ら整理した軍隊での経験

このとき受けた感動は、神宮寺さんが軍隊に所屬していたことと関係している。43年、中國南部に派遣され駐留していた神宮寺さんは、南京周辺の見張りを擔當していて、新四軍とも戦闘をしたと當時のノートに記録していた?!感窑い胜长趣?、どこに行って何をしたのかという當時の記録は仔細につけていました。そうでなければ、80年前のことを改めて思い出すことは難しいですね。ただ、日本に帰って『毛沢東選集』を読んでから、あの新四軍が毛沢東率いる中國共産黨の部隊だったと知ったんです。また、毛沢東が日本を徹底して分析しているのを知って、道理で日本は彼らとの戦いに敗れるわけだと思いました」

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: