<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
2020年中央経済政策會議で何を話し合ったか?
  ·   2020-12-23  ·  ソース:人民網
タグ: 五カ年計畫;マクロ政策;経済
印刷

要點を一足早くチェック

今回の會議には次のような要點があった。

1.基礎研究十年行動プランを早急に制定?実施し、複數の基礎學科研究センターを重點的に配置する。

2.科學技術イノベーションにおける企業の主體的な役割を発揮させ、リーディングカンパニーがイノベーション共同體を結成することを支援し、中小企業のイノベーション活動を喚起する。

3.産業の弱い部分に焦點を當て、キーとなるコア技術の研究開発プロジェクトを著実に実施し、「ボトルネック」の問題をできるだけ早く解決し、優位性がある産業分野を入念に開拓し、より多くの獨自の特技を身につける。

4.消費拡大の一番の根本は雇用の促進、社會保障の整備、所得分配構造の最適化し、中所得層の拡大、ともに豊かになるのを著実に推進することにある。

5.消費の拡大を國民生活の質の改善を結びつける。一部の行政レベルの消費?購入制限の規定を秩序よく撤廃し、県?郷エリアの消費のポテンシャルを十分に掘り起こす。

6.職業技術の教育システムを整備し、より十分な量の、より質の高い雇用を実現する。

7.公共消費を合理的に増やし、教育、醫療、介護、幼児教育などの公共サービスの財政支出の効率を高める。

8.デジタル経済の発展に力を入れ、新型インフラへの投資の取り組みをさらに強化する。製造業の設備更新と技術改良への投資を拡大する。

9.都市更新行動を実施し、都市部の老朽化した団地の改造を推進し、現代型物流システムを構築する。

10.國有企業改革三年行動を踏み込んで実施し、民間経済の発展環境を最適化する。

11.金融機関のガバナンスを整備し、資本市場の健全な発展を促進し、上場企業の質を向上させ、各種の債務逃れを取り締まる。

12.第三の柱である介護保険を規範化し発展させる。

13.環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)への加盟を積極的に検討する。

14.種子源の「ボトルネック」をめぐる技術の研究開発を展開し、決意をもって種子産業の狀況を打開する。

15.18億ムー(約1億2千萬ヘクタール)の耕地の境界ラインをしっかりと守り、耕地の「非農業化」を斷固食い止め、「非穀物化」を斷固防止し、耕地の占用と補充のバランスを規範化する。

前のページへ123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: