<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
世界を助ける中國の人工呼吸器 大規模輸出に待ち受ける挑戦は?
  ·   2020-04-03  ·  ソース:人民網
タグ: 醫療;輸出;経済
印刷

新型コロナウイルスによる肺炎の影響により、今年2月初めに1日あたり200-300臺ほどだった北京怡和嘉業醫療科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)の人工呼吸器の生産能力は、今では約1200臺に増加しているものの、在庫はないという。同社市場部の姜棟マネージャーは、「現在、當社が製造した人工呼吸器の約98%が海外に輸出されている」と推計した。中國新聞社が伝えた。

中國が他國に先駆けて感染癥の蔓延をほぼ抑制し、他國よりも早く醫療機器の大規模生産をスタートした頃、海外での感染が拡大するにつれて、中國內外で人工呼吸器に対する需要の狀況が「反転」し、中國の人口呼吸器が今、世界を助けている。

姜さんは、「私たちの現在の國際営業チームは全部で30人から40人おり、最近は人工呼吸の海外輸出に関する引き合いが毎日100件ほどある」と話した。怡和嘉業は阿里巴巴(アリババ)傘下の越境ECプラットフォームの全球速売通(アリエクスプレス)でもかなりの數を輸出しており、最近は一日平均數十臺が取引されている。

怡和嘉業は現在、30數ヶ國に人工呼吸器2萬臺近くやマスク10萬枚近くを含む防疫製品を輸出しており、感染狀況が深刻なイタリアや米國などが主な輸出先だという。

江蘇魚躍醫療設備股フン有限公司は人工呼吸器の注文が4月分までいっぱいで、日産能力は感染癥発生前の300臺から現在は700臺を超えた。深セン邁瑞生物醫療電子股フン有限公司も海外から1萬臺に及ぶ人工呼吸器の注文を受けた。

狀況を総合的にみた場合、中國の人工呼吸器が世界を助けるというのは並大抵のことではない。姜さんは、「人工呼吸器という製品は、技術が複雑で、部品の信頼性に対する要求が高い。マスクや醫療用防護服や耳式體溫計といった製品のように、すぐに生産ラインを構築することはできない。非専門的メーカーが業界の枠を一歩超えてすぐに達成し、市場の緊急のニーズに応えるというのは現実的でない上、巨大なリスクもある」と率直に述べた。

現時點で言えることは、中國の人工呼吸器の大規模輸出は3つの挑戦が待ち受けていることだ。

1つ目の挑戦は、部品の供給だ。姜さんは、「非侵襲的人工呼吸器の部品は數百點にもなり、侵襲的人工呼吸器はさらに多い。人工呼吸器の供給チェーンは複雑で、當社製品の場合は數十社が関わっており、協力が必要だ」と説明した。

業界関係者の指摘によると、「人工呼吸器の重要部品サプライヤーの多くが海外にいる。今は感染癥の影響で、海外での部品不足の狀況が中國の呼吸器生産能力の向上に影響し、企業の中には中國國內で新たなサプライヤーを探し始めたところもあり、政府の関連當局も部品供給の難題の調整と解決に乗り出した」という。

2つ目の挑戦は、中國內外の承認だ。中國政府は公告の中で、4月1日より、新型コロナウイルスによる肺炎の検査キット、サージカルマスク、醫療用防護服、人工呼吸器、赤外線體溫計を輸出する企業は稅関への申告時、書面か電子での聲明により、輸出しようとする製品が中國の醫療機器製品登録証明書を取得したこと、および輸出先の國(地域)の品質標準の要求に合致したことを約束しなければならないとした。

3つ目の挑戦は、物流コストの高さだ。感染癥が世界に広がり、國際物流が打撃を受け、物流コストが上昇している。大まかな統計によると、2-3月には、國際航空市場の輸送力が通常時に比べて60%以上減少した。旅客機による貨物輸送の能力も大幅に低下し、航空輸送にかかる時間が長くなり、価格は上昇を続けている。(編集KS)

「人民網日本語版」2020年4月2日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: