<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
山西省エネルギー革命が持続可能な発展を加速
  ·   2019-10-24  ·  ソース:人民網
タグ: エネルギー;山西省;経済
印刷

10月22日から24日まで、「エネルギー革命 國際協力」がテーマの2019年太原エネルギー低炭素発展フォーラムが、山西省太原市で開催される。これは同省が努力して構築してきた世界的影響力、権威、発言権を備えたエネルギー分野のハイレベル対話プラットフォームであり、科學技術成果発表プラットフォームであり、國際協力マッチングプラットフォームで、中國內外から204の団體の來賓やエネルギーの専門家ら830人が參加する。

國際連合の劉振民副事務総長はあいさつの中で、「最近行われた國連持続可能な開発サミットで、エネルギーは持続可能な開発目標のすべてを連攜させ、それらに影響を與える特定のソリューションの1つであると公認され、『エネルギーの脫炭素化』は持続可能な開発目標を早急に実現するための6つの切り込み點の1つと確定された」と述べた。

中國の重要な総合エネルギー基地と工業基地として、山西省はここ數年、石炭の「過剰生産能力の削減、生産能力の改善、グリーン化」の道を歩み、先進的生産能力の割合は16年の36%から68%に上昇した。今年上半期には新エネルギー設備の占める割合が30%を超え、石炭層のガスの地上での採掘量は全國の90%以上を占め、新エネルギー発電設備の割合は30%を超え、太陽光発電「リーディング」計畫の発電規模は全國トップだ。同省黨委員會の駱恵寧書記は、「省全體で一連の変革に富み、牽引力のある、シンボル的な重大措置を打ち出すには、全國的な石炭グリーン開発利用基地、非通常型天然ガス基地、電力対外送電基地、近代型石炭化學工業モデル基地、石炭設備科學技術イノベーション成果移転基地を建設することが必要だ」と述べた。

中國最大のコークスメーカーの山西焦煤集団はエネルギー使用効率の向上に軸足を置き、內陸部から沿海部に向かい、山東省の日照港をよりどころに中國初の1千萬トン級大型コークス備蓄分配基地を建設し、中國內の國際コークス資源の配置を最適化し、「一帯一路」(the Belt and Road)沿線のキルギスやロシアなどでプロジェクト協力を展開している。

山西省南東部の革命根拠地にある■(さんずいに路)城経済技術開発區は、エネルギー革命が始まって以降の同省初の民間企業が主導し、企業化された運営を行う経済技術開発區だ。最近は10萬トン規模の新材料?ナイロン6繊維プロジェクトが生産を開始した?!鰧毤瘒猡雾n長安會長は、「石炭からコークス、さらにはカプロラクタムまで、原材料から燃料、さらには新材料まで、産業チェーンが延伸し、生産額も百元(1元は約15.3円)レベルから千元レベルへ、さらには1萬元レベルになり、近代化石炭化學工業の道はますます広がった。省黨委員會や省政府はエネルギー革命の主體的責任を擔い、政府と市場の関係に従い、ビジネス環境を最適化し、社會全體の改革発展の意欲をかき立てている」と述べた。

世界エネルギー革命展のフランス産業ガス大手エア?リキードの展示ブースのスタッフは、「中國の水素エネルギー市場はものすごく大きい!」と述べた。山西省國新エネルギー発展集団有限公司はエア?リキードと水素エネルギーの事業展開、バイオマスエネルギーの発展で協力し、■安集団は米エアー?プロダクツ?アンド?ケミカルズ社と高硫黃石炭のクリーン利用一體化をめぐり協力を展開している。

日本のエネルギー?環境グローバルコンソーシアムの竹川東明代表理事(カーボン?マテリアル?インターナショナル株式會社代表取締役)は、「山西省には石炭を利用して製造した豊富な水素資源があり、既存の二酸化炭素循環利用技術を向上させ、再生可能資源と有効に結びつければ、中國における低炭素水素エネルギー社會推進のモデル地域になることは確実だ」と述べた。(編集KS)

「人民網日本語版」2019年10月24日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860號

中國語辭書: