<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
モバイルワールドコングレス2018に中國企業が続々
  ·   2018-02-28  ·  ソース:
タグ: モバイル;中國企業;経済
印刷

モバイル通信関連の世界最大級の見本市「モバイルワールドコングレス2018」が26日、スペインのバルセロナで開幕し、世界から2300社が出展した。中國企業も続々と出展し、科學技術分野における中國のイメージを世界に発信した。新華社が伝えた。 

今回の會期は4日間、テーマは「よりよい未來の創出」で、インダストリー4.0、未來のサービスサプライヤー、デジタル消費、人工知能(AI)の応用の8つの個別テーマが設定された。予測では、會場を訪れるモバイル通信産業の専門家や一般來場者は10萬人を超える見込みだ。出展企業は5G技術、モノのインターネット(IoT)、AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの分野での最新の成果を披露する。

たくさんの中國企業が続々と登場した。會場の様子をながめると、アリクラウドのブースは開始早々から大人気ですし詰めの狀態が続き、ドイツの企業家たちがシェア自転車の「ofo」を囲み、擔當者からビッツデータとモバイル決済の応用についての説明を聞く光景が見られた。アリクラウド國際業務部の王宇徳クラウドアーキテクチャ総監は、「このイベントは世界のハイテク技術を集中的に展示するものだ。企業の多くはAIやビッグデータ分野でそれぞれの得意技をもっており、各國の企業と交流や協力を進め、お互いに學び合いたいと考えている」と述べた。

別の中國企業?新岸線のブースでは、雷俊正?技術副社長が問い合わせに來た韓國ソウルの地下鉄管理関係者2人に、軌道交通に応用できる超高速モバイル通信技術の説明をしていた。雷副社長は、「弊社も含め、中國企業はコア技術をますます掌握するようになってきた」との見方を示した。

今回の見本市でも、華為(ファーウェイ)は會場中央に広いブースを設置し、大きな注目を集めた。小米は開幕前日にバルセロナに実店舗をオープンすると発表し、現地の「小米ファン」が多數來場した。

モバイルワールドコングレスは1995年にスペインの首都マドリードで第1回が開催された後、フランスのカンヌと回り持ちで開催され、06年からはバルセロナで毎年開催されている。今や世界のモバイル通信産業の最新の技術をお披露目する場所であり、産業のバロメーターになっている。(編集KS)

「人民網日本語版」2018年2月27日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860號

中國語辭書: