<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
自宅で病気を受診 中國のネット醫療が大きく発展中
  ·   2020-11-03  ·  ソース:人民網
タグ: 醫療;インターネット;文化
印刷

「中國のテック大手が醫療産業再構築の面で大活躍している」。米ブルームバーグは記事の中で、中國インターネット醫療プラットフォームで目にした光景について、「北京市中心部の新しいオフィスの2階では、イヤホンをつけた人々が並んで座り、キーボードを素早く叩いていた?!竷瓤啤埂感箍啤埂府b婦人科」などと書かれたプレートがなければ、コールセンターの職員と誤解されやすい」と述べている。人民日報海外版が伝えた。

米ウォール?ストリート?ジャーナル(電子版)は、「中國テック企業の努力により、百萬人に上る人がオンライン醫療の利用を開始した。業界內のアナリストは、「これは十數億の人口を持つ國の醫療サービス提供手段が分水嶺を迎えたことを意味し、世界のリモート醫療発展の一つの見本となる」と述べた。専門家は、「中國はすでに世界で最も先進的なデジタル醫療システムを持つ」と指摘した。関連データによると、昨年末から今夏にかけて、中國の遠隔醫療提供業者は150社弱から600社近くに激増した。中國は近年措置を講じ、遠隔醫療の発展を促進している。初級醫療體制の強化により、大病院の混雑を解消しようとしている」と伝えた。

インターネット醫療はすでに中國で長年発展している。サービス內容は徐々に受付?問診中心からより多様化した方向に発展している。慢性疾患、醫薬品EC、醫療情報プラットフォームなどの細分化領域で數多くの代表的な企業が誕生している。中國のインターネット醫療は現在、安定発展の段階に入っている。主な応用內容は、オンライン受付、オンライン相談?問診、個人検査報告の閲覧、醫師の情報閲覧などに限られ、長期醫療面のサポートは相対的に不足している。そのためインターネット醫療はオフライン醫療の補助であり、レベル別受診で一定の効果がある。

新型コロナウイルス感染癥の流行中に、インターネット醫療は加速的に発展した。供給側を見ると、感染癥により大量のオフライン醫療資源が使用され、醫療従事者が平時より不足した。オフライン問診モデルをオンラインに移すことで、醫療資源や人員の不足を効果的に和らげ、「醫療サービスを利用できない」という局面を回避した。需要側を見ると、感染対策の需要により、人々が外出を極力控え、病院で受診する意欲が大幅に低下した。これはある程度で患者のオンライン受診の需要を生み、よくある軽い病気と癥狀により便利な問診ルートができた。

インターネット醫療の幅広い応用は、住民の受診?問診の効率を大幅に上げた。オンライン受付で時間を節約するとともに、公平性を保証できる。オンライン問診により人々は外に出なくてもよくある病気に対処でき、醫療資源がより合理的に分配される。広義的に言うと、デジタル技術はさらに多くの面で従來の醫療業界に可能性を與えることができる。さまざまな攜帯しやすい機器により、患者の各種バイタルサインを持続的にモニタリングし、関連指標の早期警報を速やかに行うことで、患者と醫師がより良く病狀の変化を把握し、より効果的に疾病の治療を行うようにすることができる。(編集YF)

「人民網日本語版」2020年11月3日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: