<sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup><sup id="aa2ao"><center id="aa2ao"></center></sup>
中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中國が世界140の國?地域と防疫経験を共有 薬品開発の成果が一部の國に導入
  ·   2020-04-15  ·  ソース:人民網
タグ: 醫療;新型肺炎;文化
印刷

國務院共同感染対策メカニズムは14日に記者會見を開き、新型コロナウイルス肺炎の薬品?ワクチン研究開発などの科學研究の進捗について紹介した。環球網が伝えた。

科學技術部(?。┥铳互螗咯`の孫燕栄副センター長は、中國が世界の感染対策に提供した経験と參考材料を紹介した。

(1)中國の研究チームは中國國內で展開した新型肺炎についての薬品臨床研究による研究成果は、いち早く學術論文の形で國際的な學術誌に掲載され、中國の臨床経験?成果を最速のスピードで世界と共有した。

(2)中國の科學研究チームは持続的に高頻度で世界の複數の國?地域と交流及び學術研究を行っている。大まかな統計によると、交流及び學術研究を行っている國?地域はすでに140以上にのぼる。主な內容には中醫薬、クロロキン、ファビピラビル、トシリズマブ、及び回復期の血漿や幹細胞など一連の製品及び科學研究の成果が含まれる。新型肺炎臨床研究の進展及び臨床応用経験が、交流における重點となっている。このような形により世界の感染対策に中國発のソリューションを提供している。

(3)中國のこれまでの薬品研究開発による成果が、すでに一部の國によって導入されており、関連する臨床治療プランに盛り込まれている。同時に世界保健機関(WHO)及び複數の國もクロロキン、ヒドロキシクロロキンなどの薬品の臨床研究を展開している。複數の國は回復期の血漿、トシリズマブなどの中國発のソリューションに含まれる薬品の品種とソリューションを、新型肺炎の治療または臨床研究の展開に応用することを承認している。(編集YF)

「人民網日本語版」2020年4月15日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: